わたしの器 火土水窯(ひとみ)

わたしの器 火土水窯

tel0235-23-1933
営業時間/9:00~17:00

カートを見る

お知らせ

素焼きの窯詰めはスカスカ

本焼きは大体は重ねては焼きませんが、素焼きは釉薬を掛けていないので、重ねて焼くことがほとんどです。  皿などは4~5枚重ねて焼くことも出来ます。    私は化粧を掛けたも…

失敗よりも怖いこと

器作りに失敗はつきもので、これもその一つで、イージーな思い付きから、結果、修正せざるを得なくなり、面倒な仕事になってしまったが、修正しなければの強い想いに、今迄の経験と知…

周りのモノからのメッセージ

粘土たちのひそひそ話、  菊練りを終えた粘土の素直さ、  指先に絡みつく粘土、  土取りした粘土の中の匂い、、シッピで切り離した切り跡、  サシ板の上に交互置かれた器の形…

器で妄想中です

只今妄想中、役所広司が普段使っている飯碗を手に持ち、これじゃないとPERFECT  DAYS  にならないんだよ言っている、その飯碗が黒飯碗だったりして。よう知らんけど。…

素焼きは800℃に変えた

器作りのプロセスの中で、素焼きは重要であると考えています。粘土から焼き物へと変化します、素焼き後はもう粘土には戻せなくなります。 素焼の温度を450℃、650℃、800℃…

鶴岡冬まつり

毎年2月には、鶴岡冬まつりが開催されます。今年は雪が少ないのですが、鶴岡は雪国です。 あまり知られていないと思うが、「雪の降るまちを」の作曲者、故中田喜直が鶴岡の雪景色を…

卵型楕円鉢

卵を縦に半分に切ったような形の楕円の鉢です。底は平らにしたので、ガタガタとは動きません、深さが5cm有ります。パスタ、カレーはもちろん汁物にも使えます、食器棚への収納も楕…

崩れた日常

日常が崩れた能登。   被災された多くの人がまたここに建て直し、ここに住んで同じ仕事したいと言っていた。 人々は 脆弱な地盤の上で、淡々と過ごしてきた、もろい地盤の上で生…

私の仕事場

私の仕事場です、この丸い天板のロクロの上で、成型と高台削りを行い、座っている黒い座布団のところに。板を置いて粘土を練り、絵を描き、取っ手を付け、しのぎをだしたりしています…

素焼きの前に

通常、絵を入れる場合は、素焼きが殆どではないかと思います。今回は素焼き前に色化粧を作り絵を入れてみようと思います。生素地の上に化粧を掛けて、乾いてからその化粧泥の中に練り…

白髪のお婆ちゃんは戦っていた。

1ヶ月ほど前から再開したことがある。徘徊だ、いわゆるウォーキング、散歩である。靴をそれ用に履き、上下シャカシャカウエアに着替え、スマホと骨髄伝道ワイヤレスイヤホンをし、ブ…

しのぎカフェボウル出来ました

売り切れておりました粉引しのぎカフェボウルが出来ました「しのぎカフェボウル」と名前も新たにして、土も少し変えて、重さが軽くなりました。値段も 少しですが下げて、送料は 6…

PAGE TOP